風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

風俗の種類


風俗の種類は多彩

風俗には様々な種類があります。風俗の種類によってサービス内容や利用の仕方等の特徴が異なります。風俗を利用する前に、それぞれの風俗の種類について知っておく必要があります。

風俗の種類について知れば、自分が求めるサービス内容や予算等に合わせて、適切に風俗を選べるようになります。以下は、主な風俗の種類です。

・ソープランド
・ヘルス
・エステ
・ピンクサロン
・オナニークラブ
・SMクラブ
・ハプニングバー
・ストリップ劇場

ソープランド

本番行為がある唯一の風俗

ソープランドには、お店にお風呂がある部屋があり、そこで性的なサービスを提供しています。ソープランドは、風俗の王様と言われるほど、サービス内容が充実しています。

お店によってサービス内容は異なりますが、基本的に身体を洗う、マットプレイ、ベッドプレイの性的サービスを提供しています。また、本番行為があるという事がソープランドの大きな特徴です。

売春防止法により、風俗店では本番行為があると違法になりますが、ソープランドでは恋愛上での本番行為になるため売春ではないという建前があり、実質的には売春が行われている事になりますが黙認されています。

どのお店も摘発されてもおかしくはなく、過去に摘発されたお店もありますが、今のところ何らかの理由で警察に目を付けられて摘発に至っており、多くのお店は営業を続けています。

ソープランドの料金

ソープランドは、サービス内容が充実しているため料金が高い傾向があります。平均的な料金は3~4万円くらいであり、10万円以上する料金が高いお店もあれば、1万円台で遊べるお店もあります。

基本的に、料金が高いほどサービス内容や風俗嬢の容姿等のレベルが高くなりますが、これは他の風俗の種類にも当てはまります。

ヘルス

風俗の主流

ヘルスは、風俗の主流と言えるほど、お店の数が多いです。ヘルスは、性的なサービスを提供する場所の違いで、ファッションヘルスとホテルヘルス、デリバリーヘルスに分けられます。それぞれ、箱ヘル、ホテヘル、デリヘルとも呼ばれます。

以下で、それぞれの違いについて詳しく記載しますが、これらの中でも多いのがホテルヘルスとデリバリーヘルスです。ファッションヘルスは少ないです。

その理由は、ファッションヘルスは、お店にある部屋で性的なサービスを提供する店舗型風俗店に当てはまり、各都道府県の条例による規制が厳しく、店舗型風俗店の新規営業開始は、ほとんどの地域で難しいためです。

ホテルヘルスとデリバリーヘルスは、お店の外のホテルや客の自宅で性的なサービスを提供するため、無店舗型風俗店に当てはまり、店舗型風俗店よりも規制が厳しくないため新規営業開始をしやすく、お店の数が多いです。

ファッションヘルス、ホテルヘルス、デリバリーヘルスの違い

ファッションヘルスは、お店にある部屋で性的なサービスを提供します。ホテルヘルスは、お店周辺のホテルで性的なサービスを提供します。デリバリーヘルスは、客が用意したホテル、または客の自宅で性的なサービスを提供します。

お店によって提供しているサービス内容が異なりますが、たいていのヘルスでは、主なサービス内容に、キスや手コキ、フェラチオ、シックスナイン、素股が含まれています。

ホテルヘルスとデリバリーヘルスの違い

ホテルヘルスとデリバリーヘルスは、ホテルで性的なサービスを提供している点が共通していますが、ホテルヘルスではお店から徒歩圏内にあるホテルに限られます。デリバリーヘルスでは、車で数十分圏内にあるホテルでも、性的なサービスを提供します。

また、ホテルヘルスは、客からの受付を行うためのお店を構えていますが、デリバリーヘルスの受付は電話のみですので、客からの受付を行うためのお店は構えていません。

営業時間の違い

営業時間は、お店によって異なりますが、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)により、店舗型風俗店は深夜0時から日の出まで営業できませんので、店舗型風俗店に当てはまるファッションヘルスは、たいていは日の出から深夜0時までが営業時間となります。

ホテルヘルスとデリバリーヘルスは、無店舗型風俗店であり、営業時間に関する規制はありません。ただし、ホテルヘルスは無店舗型風俗店であっても、客からの受付を行うためのお店は、店舗型風俗店と同様に深夜0時から日の出まで営業できませんが、深夜0時から日の出までは受付は電話のみにすれば、営業時間の規制は回避できます。

そのため、どちらも24時間営業も可能ですが、たいていは客の需要状況に合わせて営業時間が決まっています。

ヘルスの料金

ヘルスは、ソープランドより料金は安い傾向があり、平均的な料金は2~3万円くらいです。10万円以上する料金が高いお店もあれば、1万円以下で遊べるお店もあります。

ホテルヘルスとデリバリーヘルスでは、ホテルの料金がかかります。デリバリーヘルスの場合は、自宅ならホテル料金は不要ですが、交通費がかかる場合があります。

エステ

疲れを癒せる風俗

一般的には、エステは美容やマッサージ等のサービスを提供しているお店を指しますが、風俗店におけるエステでは、マッサージ等に加えて性的なサービスを提供しています。お店によってサービス内容は異なりますが、基本的に性的サービスは手コキとフェラチオが主です。

基本的に客は常に寝ているだけでとなり、マッサージ等もありますので、疲れを癒したい方に合っています。

ヘルスと同様に、エステにも店舗型風俗店と無店舗型風俗店があります。無店舗型風俗店であれば、エステ嬢をホテルへ派遣してサービスを提供しますが、自宅にも派遣できるお店もあります。

エステの料金

エステは、ソープランドやエステと比べると性的サービスの内容は控えめですので、料金は安めの傾向があり、平均的な料金は1~2万円くらいです。

ピンクサロン

手軽に遊べる風俗

飲食店のようなフロアで、性的なサービスを提供しています。

お店によってサービス内容は異なりますが、基本的にフェラチオを主とする性的サービスを提供しています。

ピンクサロンの料金

ピンクサロンは、風俗の中で料金は安い方であり、平均的な料金は5千円くらいです。

オナニークラブ

一味違った興奮を得られる風俗

客がオナニーしている姿を、女性に見てもらう性的サービスを提供しています。他にもオプションとして様々な性的サービスを提供しており、お店によって異なりますが、手コキやフェラチオ等の性的サービスも提供しているお店が多いです。

女性にとってオナニークラブは敷居が低いですので、他の風俗よりは気軽に働けます。そのため、普通に街中にいそうな素人女性や学生が多く、そのような女性の前でオナニーする事で一味違った興奮を得られます。

他の風俗では、女性の容姿が劣っていてもテクニックでカバーできますが、オナニークラブでは基本的に女性は見るだけとなるため、お店から求められる容姿のレベルが高いせいか、オナニークラブに在籍している女性は、結構容姿が綺麗な方が多いです。

オナニークラブの料金

オナニークラブは、風俗の中で料金は安い方であり、平均的な料金は5千円くらいです。

SMクラブ

肉体的にも精神的にもハードなプレイを楽しめる風俗

SMクラブは、SMサービスを提供しています。SMサービスは、性的サービスの一種であり、SMサービスは肉体的に限らず精神的にもハードなプレイが含まれますので、SMクラブ以外の風俗ではSMサービスは提供していません。

SMサービスには様々なプレイがありますが、縄で縛られるプレイが有名であり、他にムチやローソクを使った責め、アナル責め、浣腸、聖水、黄金等のプレイがあります。

SMクラブにも店舗型風俗店と無店舗型風俗店があります。店舗型風俗店の方がSMサービスで使う道具を用意しやすいですし、簡単には移動できない道具を用意でき、風俗嬢に何かあった時に男の従業員がすぐに来られるため、SMクラブは店舗型風俗店で営業したいところですが、店舗型風俗店は各都道府県の条例による規制が厳しいため、SMクラブも無店舗型風俗店が主流です。

無店舗型風俗店に当てはまるSMクラブは、基本的にホテルのみ風俗嬢を派遣可能としていますが、自宅へも派遣可能としているSMクラブもあります。

また、ホテルにはSMルームがあるラブホテルがありますが、SMルームにはSMプレイを楽しむのに適した設備や道具がそろっていますので、本格的にSMプレイを楽しみたい場合は、ホテル選びも重要になってきます。

SMクラブの料金

SMクラブは、あまりハードなプレイが含まれなければ、平均的な料金は2~3万円くらいです。よりハードなプレイが含まれると料金は高くなっていく傾向があります。

風俗嬢がマゾヒズム、客がサディズムとして遊ぶ場合は、風俗嬢は肉体的にも精神的にも負担が大きくなりますので、さらに料金は高めになる傾向があります。

ハプニングバー

客同士で楽しむ風俗

風俗では、一般的にお店の従業員が客へ性的サービスを行いますが、ハプニングバーは異なります。ハプニングバーは普通のバーと同じようにお酒を主に提供しており、お店に入った客同士でコミュニケーションが生まれ、さらに何らかのハプニングが起きます。

そのハプニングとは、性的な行為です。また、ハプニングは起きるかもしれないし、起きないかもしれません。従業員がハプニングを起こすお店もありますが、基本的には客同士の間でハプニングが起きるか起きないかが決まります。

ハプニングバーは、様々な性的嗜好を持った人が集まるお店でもあります。ハプニングバーは、自分の性行為を他人に見せられる、または他人の性行為を見られる作りになっていますので、そのような性的嗜好を持っているのはもちろん、他に SM 等の特殊な性的嗜好を持つ人が集まります。

そのため、普通の風俗では楽しめないような性行為を楽しみたい人に向いています。

ハプニングバーの料金

ハプニングバーは、基本的に男性、女性、カップルで料金が分かれており、料金は男性、カップル、女性の順に高い傾向があります。平均的な料金は、男性の場合は1万円、カップルは5千円、女性は千円くらいです。

ストリップ劇場

ストリップ劇場は、女性のダンサーが舞台の上で踊りながら衣服を脱いでいく姿を見せるサービスを提供しています。他に女性のダンサーが舞台の上や個室で、客へ性的サービスを行っているストリップ劇場もあります。

昔は、ストリップ劇場は多かったですが、アダルトビデオが普及し女性の裸が簡単に見られるようになり、警察の摘発が強化され、生板ショー等の客への性的サービスを行う事が難しくなったため、ストリップ劇場は衰退し非常に少なくなっています。

ストリップ劇場

ストリップ劇場の平均的な料金は5千円くらいです。


公開日:
最終更新日:2015/05/19