風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

ビジネスホテルへデリヘル嬢を呼べるのか


本来はビジネスホテルへデリヘル嬢を呼べない

デリバリーヘルス(デリヘル)では、お店が派遣可能としている地域にあるホテルや自宅へデリヘル嬢を派遣しています。デリヘル嬢を派遣するホテルと言えばラブホテルであり、客がラブホテルを選びやすいように、デリヘル嬢を派遣可能なラブホテルを紹介しているお店が多いです。

さらにラブホテルだけでなく、ビジネスホテルも紹介しているお店もあります。そのため、ビジネスホテルにデリヘル嬢を呼んでも良さそうに思えますが、実際は良くありません。

デリヘル嬢を呼んでも特に何も言われないビジネスホテルもありますが、フロント等でデリヘル嬢だとバレると、デリヘル嬢を部屋に入れる事を断られる場合があります。

このようにデリヘル嬢への対応は、ビジネスホテルによって異なりますが、まずは法的に見ていきます。

風営法

ビジネスホテルは、旅館業法の許可を得て営業しています。ラブホテルも、旅館業法の許可を得て営業していますが、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)の許可も得て営業しています。

デリバリーヘルスに限らず風俗の性的サービスを受ける目的である事を分かっていて客に部屋を提供するなら、風営法の許可が必要です。

風営法に違反したら、営業停止等の重い処分が下される場合がありますので、デリヘル嬢を呼ぶ事を明確に禁止しているビジネスホテルは多いです。

デリヘル嬢を呼んでも構わないと堂々と公表しているビジネスホテルは、まずありませんが、ビジネスホテルによっては、デリヘル嬢を呼ぶ事を黙認しています。

ただし、黙認しているビジネスホテルであっても、すんなりとデリヘル嬢を呼べるとは限りません。宿泊約款が関わってきます。

宿泊約款

ビジネスホテルを利用する際は、ホテルと宿泊に関する契約を結びます。この契約は、宿泊約款と呼ばれます。宿泊約款では、部屋に泊まる客以外の人、すなわち外来客を入室させる事を禁止しています。

そのため、1人で泊まるとして宿泊契約したなら、デリヘル嬢に限らず他人を入室させてはいけませんし、デリヘル嬢を入室させようとするとデリヘル嬢は追い返されたり、入室させたのがバレたら、デリヘル嬢分の宿泊料金が発生したり、宿泊契約が解除となる場合があります。

もし2人で泊まるとして宿泊契約したなら、デリヘル嬢を入室させる事ができます。複数のデリヘル嬢を入室させたいなら、その人数分と自分を合わせた人数での宿泊契約が必要です。

ただし、デリヘル嬢を呼ぶ事を黙認していないビジネスホテルであれば、デリヘル嬢の分も含めて宿泊契約しても、デリヘル嬢だとバレたらデリヘル嬢の入室は断られます。

デリヘル嬢を含めた人数分の宿泊契約をするなら、デリヘル嬢を呼べる可能性は高い

デリヘル嬢を呼ぶ事を明確に禁止しているビジネスホテルであっても、自分とデリヘル嬢の人数分で宿泊契約しているなら、デリヘル嬢だとバレない限り、デリヘル嬢を呼べます。

ビジネスホテルの従業員は、ビジネスホテルにやってきた女性を、デリヘル嬢だと疑い追求するのは難しく、もしデリヘル嬢ではなく嫁や彼女、友人等であったら大変ですので、デリヘル嬢の人数を含めて宿泊契約しているなら、デリヘル嬢を呼び入室させる事ができる可能性が高いです。

デリバリーヘルスでは、基本的に客が先にホテルの部屋に入り、電話で部屋番号を伝えた後にデリヘル嬢が来て部屋に来ますが、デリヘル嬢の人数を含めて宿泊契約するなら、後から嫁、または彼女、友人等が来ると言っておくと良いです。

また、デリヘル嬢はフロントを通らずに部屋に直接向かいますが、ビジネスホテルの従業員に声をかけられる可能性がありますので、口裏を合わせておくと安心です。後から友人が来ると言ったのであれば、友人と偽るようにデリヘル嬢へ伝えてもらうようお店にお願いすると良いです。

デリバリーヘルスが派遣可能として紹介しているビジネスホテルとは

お店によっては、デリヘル嬢を派遣可能なビジネスホテルを紹介していますが、これはお店が過去の派遣実績から派遣可能と判断しているビジネスホテルだと思っておいた方が良いです。もしかしたら、お店とビジネスホテルが裏でつながっている場合があるかもしれません。

そのため、デリバリーヘルスが派遣可能として紹介しているビジネスホテルなら、1人で泊まるとして宿泊契約した場合であっても、デリヘル嬢を呼べる可能性が高いですが、お店が過去の派遣実績を基に独断しているだけですので、デリヘル嬢の入室は断られる場合があります。


公開日: