風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

ホテヘルとデリヘルの違い


ホテヘルとデリヘルは似ている

ヘルスには、ファッションヘルス、ホテルヘルス、デリバリーヘルスがあり、それぞれ略して箱ヘル、ホテヘル、デリヘルと呼ばれます。

箱ヘルは、お店の中に個室があり、そこで性的サービスを提供します。お店の中で性的サービスを提供する風俗店は、店舗型風俗店に当てはまりますが、店舗型風俗店は各都道府県の条例による規制が厳しく新規営業開始は難しいため、箱ヘルは少ないです。

ホテヘルやデリヘルは、お店の中ではなくホテルや自宅に風俗嬢を派遣し、性的サービスを提供します。お店の中で性的サービスを提供しない風俗店は、無店舗型風俗店に当てはまり、店舗型風俗店と比べると規制が緩く新規営業開始しやすいため、ホテヘルとデリヘルは多いです。

ホテヘルとデリヘルは、どちらも無店舗型風俗店であり似ていますが、幾つか違う点があります。以下は、それぞれの特徴です。

ホテヘルの特徴

ホテヘルは、客からの受付を行うお店を構え、そのお店か周辺の待機所にホテヘル嬢が待機しています。客は来店して受付を済ませ、お店が指定したホテルの中から選んだホテルへ向かい、部屋に入ります。部屋に入ったら、お店へ部屋番号を連絡し、ホテヘル嬢を派遣してもらいます。ホテヘル嬢と一緒にホテルへ向かえるお店もあります。

ホテヘル嬢は、徒歩での移動となるため、ホテヘル嬢を派遣可能なホテルの場所は、受付があるお店から徒歩圏内に限られます。

店舗型風俗店は、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)により、深夜0時から日の出まで営業できませんが、無店舗型風俗店は24時間営業可能です。

ホテヘルは無店舗型風俗店のため24時間営業可能ですが、客からの受付を行うお店は、風営法により深夜0時から日の出まで営業できません。そのため、営業時間は深夜0時までとなりますが、電話での受付を可能にしたり、お店の中に客を入れないようにし、お店の外で受付を行うようにして、深夜0時以降も営業しているお店が多いです。

デリヘルの特徴

デリヘルは、電話での受付となるため、客からの受付を行うお店は構えていませんが、待機所にデリヘル嬢が待機しています。客は電話して受付を済ませ、客が指定したホテルや自宅へデリヘル嬢を派遣してもらいます。

ホテルに派遣してもらうなら、受付時には利用予定のホテルを伝え、ホテルの部屋に入ったら再度電話して部屋番号を伝えます。ホテルの部屋に入ってから電話で受付するなら、その時に部屋番号を伝えます。

デリヘル嬢の移動には、お店の車が使われますが、待機所から遠すぎる場所にあるホテルや自宅へは、デリヘル嬢は派遣できません。どこまでなら派遣できるかは、お店によって異なります。

デリヘルは無店舗型風俗店のため24時間営業可能であり、客からの受付を行うお店がないため、ホテヘルのようにお店での受付の営業時間の規制はありませんが、たいていのお店は客の需要に合わせて早朝から昼は営業していないお店が多いです。

ホテヘルとデリヘルの違いは曖昧

ホテヘルとデリヘルは、客からの受付を行うお店を構えているかどうか、利用の流れ、風俗嬢を派遣可能な場所、営業時間が異なります。

ホテヘルとデリヘルには上記のような違いがありますが、ホテヘルと呼ばれているのにデリヘルの特徴も持ちデリヘルとも呼べるお店もあれば、逆にデリヘルと呼ばれているのにホテヘルの特徴も持ちホテヘルとも呼べるお店もあります。

同じホテヘルと呼ばれているお店、または同じデリヘルと呼ばれているお店であっても、受付を行うお店を構えているかどうか、利用の流れ、風俗嬢を派遣可能な場所、営業時間は、お店によって異なるのが実情です。

そのため、ホテヘルと呼ばれているお店とデリヘルと呼ばれているお店は、まず同じ無店舗型風俗店と見なし、受付を行うお店はあるのか、利用の流れ、風俗嬢を派遣可能な場所、営業時間は、お店のホームページ等を見て確認する方が良いです。


公開日: