風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

女性用ソープはないのか


過去に女性用ソープは存在した

ソープは、ソープランドの略であり、風俗の王様と言われるほどサービス内容が充実しています。ソープには、ソープ嬢と呼ばれる女性が働いており、客は男性のみです。

ソープ坊と呼ばれる男性が働き、客は女性のみとなる女性用ソープはありそうですが、2015年5月1日時点ではありません。過去には、女性用ソープが存在しました。

2007年2月に福岡県で女性用ソープがオープンした事があり、オープン当初は大繁盛しましたが、2007年10月に閉店となりました。なぜ1年も続かずに短期間で閉店したのか、それには幾つかの理由があったようです。

人通りが多い風俗街のど真ん中にあった

2007年2月に福岡県でオープンした女性用ソープは、人通りが多い風俗街のど真ん中にありましたが、人目を気にして地元の女性は利用しにくかったようです。

男性でも風俗で遊ぶ際は人目を気にするものですが、男性用風俗店が立ち並ぶ中で女性用ソープがあれば、そこに出入りする女性客はかなり目立った事でしょう。

また、男性でも風俗で遊ぶ事を恥ずかしいと感じるものですが、女性が風俗で遊ぶ事は珍しく、風俗を利用する際は女性の方が強く恥ずかしいと感じるのかもしれません。

福岡県でオープンした女性用ソープは、当初は全国の女性客が来たため大繁盛しましたが、女性用ソープに限らず風俗店は地元の客が来てリピーターが定着しないと経営が厳しくなりますので、当初は話題性もあって全国から来た女性客で好調でしたが、話題性がなくなってくると遠方から来る女性客は減り、リピーターは定着せず、経営が厳しくなっていったと思われます。

もし女性用ソープが人目につかない場所でオープンしていたら、地元の女性客が多く来て繁盛し続けたかもしれませんが、ソープ坊が女性客にサービスを提供する事には、様々な難しい問題があったようです。

1日に射精できる回数には限度がある

女性用ソープに来る女性客は、ソープ坊に勃起してもらう事はもちろんですが、最後には射精してもらう事も求めます。1日に1人の女性客を相手にするなら問題ありませんが、女性客からの指名があれば、1日に複数の女性客を相手しなくてはなりません。

ソープ坊も一般の男性と同じく、1日に射精できる回数には限度があり、バイアグラ等のED治療薬を飲んで無理に勃たせても、1日に何回も射精すれば、その内精液が出なくなってしまうため、1日に相手できる女性客は数人が限度です。

ソープ坊は結構な人数が在籍していたため、上手く分散させて女性客を相手する手がありますが、多くの女性客はソープ坊との相性を重視し、特定のソープ坊を指名するようになってしまうため、人気が高いソープ坊に指名が集中してしまったようです。

風俗店を利用する男性客なら、自分の好みから多少外れても遊べますが、女性用ソープを利用する女性客は、自分の好みに合わないと遊ぶのは難しいようです。

ペニスは正直

ソープ坊は、お金をもらった上に女性客とセックスできるので、美味しい仕事だと思われますが、女性客を選べません。男性用風俗店でも風俗嬢は男性客を選べませんが、女性は演技ができます。男性も演技はできますが、ペニスは正直です。性欲が湧かなければ、ペニスは勃起しません。

女性用ソープには、特に容姿や年齢に制限はありませんので、相手する女性客によってはペニスを勃起させるのは難しくなります。ペニスが勃起しなければ女性客は満足しませんしクレームものです。

バイアグラ等のED治療薬を飲んで無理に勃たせる手がありますが、体調次第では効果が出ない場合がありますし、副作用がきつい場合もあり、ED治療薬に頼るのは楽ではありません。

女性用ソープが今後オープンする可能性は非常に低い

人目につかない場所に女性用ソープをオープンしたとしても、女性用ソープで働くソープ坊には、上記のように女性客へのサービス提供に支障をきたしてしまう難しい問題があるため、2007年2月に福岡県でオープンした女性用ソープと同様に、短期間で閉店してしまう可能性が高いと思われます。そのため、女性用ソープが今後オープンする可能性は非常に低いと思われます。

また、ソープ嬢には、ソープ坊のような1日に射精できる回数の限度はありませんが、1日に何人も男性客を相手すれば膣への負担が大きくなり傷めてしまうため、実質限度はあります。

女性は演技ができますので、男性のようなペニスは正直という問題はありませんが、あらゆる客を満足させるようサービスを提供する事に変わりはありません。

他にもソープ嬢にしか分からない辛さがあると思われますが、男性がソープ坊として働くと見えてくる問題を考えると、ソープ嬢は過酷な仕事をしている事を伺えます。


公開日: