風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

風俗の持ち物


現金

持ち物の中で最も重要なのが現金です。事前に風俗店へ支払う料金が分かっている場合は、足りなくならないように現金を用意するのはもちろんですが、交通費やホテルやレンタルルームにかかる料金が発生するなら、その分も用意しておく必要があります。また、延長やオプション追加等をして思わぬ出費が発生する事に備えて、余裕を持たせておいた方が良いです。

風俗店に行ってからコース等を決めて料金を支払うなら、事前に風俗店のホームページで料金について調べて支払う料金を見積もり、延長やオプション追加等をする可能性を考えて、見積もった料金より多めに現金を持って行きます。見積もった料金の1.5倍くらいの現金は持っておきたいです。

風俗店のホームページを見ても料金について不明瞭であれば、ぼったくり等の被害に遭いやすい悪質風俗店である可能性が高いため、料金について不明瞭な風俗店は利用しない方が良いです。

クレジットカード

現金ではなくクレジットカードで支払うなら、クレジットカードを持って行く必要があります。ただし、利用する風俗店はクレジットカードで支払い可能かどうか確認しておく必要があります。

クレジットカードで支払いが可能でも、たいていは手数料がかかります。風俗店はクレジットカードの加盟店になれず、クレジットカード決済代行サービスを提供している業者を利用して、クレジットカードによる支払いに対応しており、その業者へ支払う手数料の分を客へ請求しています。

クレジットカードで支払うと、手数料が上乗せされて、現金で支払うより約10~20%ほど料金が高くなりますので、できれば現金で支払う方がおすすめです。

クレジットカードを持って行くと、スキミングされてカード情報が盗まれてしまうリスクがありますので、そのようなリスクを避けるためにも、現金がおすすめです。

しかし、多額の現金を持ち歩くと、財布落とした場合に紛失額が大きくなる、路上強盗等に遭うと被害額が大きくなるリスクがありますので、現金の方がおすすめとは一概に言えません。

現金にすると10万円を超えてくるようなら、万一の事を考えてクレジットカードで支払うのもありですが、手数料がかかると支払額が大きくなり、スキミングされるリスクがある事を考慮すると、現金とクレジットカードどちらで支払う方が良いのか判断するのは難しいです。

手数料がかかるなら、現金の方がおすすめです。手数料は約10~20%ほどになりますので、風俗店へ支払う料金が高いと手数料も高いです。手数料がかからないなら、クレジットカードもおすすめですが、スキミングされるリスクがある事を承知しておく必要があります。

身分証明書

風俗店を利用する際は、基本的に身分証明書は必要ありません。風俗店によっては、利用するには会員登録が必要であり、その際に身分証明書が必要となる場合があります。

風俗店を利用するには会員登録が必要かどうか、さらに身分証明書は必要かどうか、風俗店のホームページで調べ、必要であれば身分証明書を忘れずに持参します。

風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)により、18歳未満の人は風俗店の利用は禁止されていますので、外見が18歳未満に見える場合、身分証明書の提示を求められる場合があります。

身分証明書が必要ない風俗店を利用する場合でも、自分が18歳未満に見られる可能性があるなら、身分証明書を持って行く方が良いです。

会員証

会員登録が必要で会員証を作ってもらう風俗店を以前に利用し、また利用するためには会員証の提示が必要なら、会員証を持って行く必要があります。

携帯電話

たいていの風俗店では、予約時間の30分前や1時間前に予約確認の電話が必要です。予約確認の電話が必要なくても、遅刻の連絡をする必要が生じたり、風俗店から緊急連絡があるかもしれませんし、他に何かあった時に携帯電話を使えた方が良いので、携帯電話を持って行く方が良いです。

予約せずに風俗店に行く場合でも、何があるか分かりませので、携帯電話は持って行く方が良いです。

コンドーム

ソープランド等の店舗型風俗店では、コンドームが用意してあります。コンドームを持っていっても、特に本番行為があるソープランドでは、風俗店側、または風俗嬢の方針で、客が持参したコンドームは使えない場合があります。

どうしても使いたいコンドームがあり持参する場合は、未開封の箱の状態で持参する方が良いです。それでも、持参したコンドームの使用は断られる場合があります。

デリバリーヘルス等の無店舗型風俗店でも、風俗嬢がコンドームを持参してきますので、コンドームは持って行く必要はありません。しかし、風俗嬢がコンドームを忘れてしまう可能性を考慮し、念のために自分もコンドームを持って行くと良いです。ラブホテルにはコンドームが置いてありますが、前の客によるいたずらで穴が開いている可能性がありますので、使わないのが無難です。


公開日: