風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

風俗店にてクレジットカードで支払うリスク


スキミング被害に遭うリスク

現金を持っていない、またはクレジットカードのポイントが目的で、風俗店でクレジットカードを利用して料金を支払いたいが、不安に感じる人は多いと思います。

最も心配な事は、スキミングされてカード情報が盗まれてしまう可能性がある事です。スキミングされて盗まれたカード情報は、別のクレジットカードに書き込まれ、そのクレジットカードが使われる事で被害が発生します。クレジットカード自体が盗まれたり、なくしたりする訳ではありませんので、被害の発生が分かりにくいです。

風俗店に限らず、どのお店でもスキミングされるリスクはありますが、風俗店でスキミングの被害に遭う事は多いと言われています。スキミングの被害に遭うリスクを抑えたい場合は、現金で支払う方が良いです。

スキミングの被害は、クレジットカードで支払わなくても持っているだけでも遭う事があります。例えば、客が一人でシャワーを浴びるシステムになっている風俗店では、その隙に客が脱いだ服から財布を抜き取り、クレジットカードを取り出せばスキミングできます。実際に、このような手口で過去に風俗嬢が逮捕された事件があります。

そのため、スキミング被害に遭うリスクを抑えたいなら、クレジットカードが入っている財布や荷物から目を離してしまう機会が生じる風俗店にはクレジットカードを持って行かない方が良いです。

クレジットカードの明細から風俗に行った事がバレるリスク

スキミング被害に遭うリスクの他に心配しておきたいのは、風俗に行った事がバレるリスクです。嫁や彼女がいる人なら、風俗を利用した事がバレないように気をつけている人が大半だと思いますが、風俗の利用がバレる要因の一つにクレジットカードの明細があります。

たいていの風俗店では、クレジットカードで料金を支払うと、クレジットカードの明細には店舗名が記載される事はありません。風俗店に行った事がバレないように配慮しているせいか、風俗店だと分からない会社名や飲食店名で記載される事が多いです。

また、たいていの風俗店ではクレジットカード決済代行サービスを利用しているため、クレジットカード決済代行サービスを提供している業者名や業者の電話番号が記載される事もあります。

だからと言ってバレないとは限りません。クレジットカードの明細に風俗店の店舗名が記載されていなくても、あまり見かけない会社名や飲食店名、業者名、業者の電話番号が記載されていれば不自然に見えます。記載内容をインターネットで徹底的に調べられれば、風俗店を利用したとバレてしまう可能性が高いです。

クレジットカードの明細が見られてしまい、嫁や彼女に風俗を利用した事がバレたくない場合は、クレジットカードで支払わない方が良いです。

クレジットカードで料金を支払うと高くなる

リスクではありませんが、クレジットカードで料金を支払うと高くなるデメリットがあります。風俗店でクレジットカードを使うつもりなら、このデメリットについても知っておく必要があります。

クレジットカードで支払えるお店になるためには、クレジットカードの加盟店になる必要がありますが、風俗店はクレジットカードの加盟店になれません。

それなのに、クレジットカードが使える風俗店もありますが、そのような風俗店は、クレジットカード決済代行サービスを提供している業者と契約しており、風俗店は業者へ手数料を支払う必要があります。

そのため、風俗店にてクレジットカードで支払う場合、現金で支払うより約10~20%ほど料金が高くなります。クレジットカードでの支払いでも料金が変わらないようにして、集客効果を狙っている風俗店もありますが、多くの風俗店ではクレジットカードでの支払いでは、料金が割増になります。

料金が安い風俗店なら、約10~20%高くなっても大した事ありませんが、料金が高い風俗店だと気になってきますので、現金で支払えるなら現金で支払った方が良いです。

もしクレジットカードで支払う場合でも料金が変わらなければ、料金が高くなるというデメリットはなくなります。


公開日:
最終更新日:2015/05/14