風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

ソープランドの摘発時に客も逮捕されるのか


客も売春防止法違反となるが逮捕はされない

ソープランドは、合法か違法かはっきりしないグレーゾーンに位置していますので、いつ警察に摘発されてもおかしくありません。証拠を抑えるため、基本的に営業中に摘発がありますので、客としてソープランドを利用していれば、警察の摘発に遭遇する可能性があります。

ソープランドが摘発されるとしたら、売春防止法に違反しているためです。ソープランドでは売春は行われておらず、ソープ嬢と客が恋愛し性交しているとされていますが、これは建前ですので警察が売春であると判断したら摘発します。

警察による摘発があれば、ソープランドの経営者や従業員は、売春の管理や売春が行われる場所を提供したとして、売春防止法違反で逮捕される場合があります。

ソープ嬢は売春した人となり、売春は売春防止法違反となりますが、ソープ嬢は逮捕されません。その理由は、売春した人には罰則規定がないからです。ちなみに、売春した人が逮捕されないとは限りません。公衆の面前で売春の勧誘を行う等、売春のやり方次第では逮捕される場合があります。

客は買春した人となり、買春も売春防止法違反となりますが、客は逮捕されません。その理由は、買春した人にも罰則規定がないからです。

相手のソープ嬢次第では、児童買春、児童ポルノ禁止法違反で逮捕される可能性はある

ソープランドに限らず風俗店にて警察の摘発があった場合、客が逮捕されるとしたら、主に児童買春、児童ポルノ禁止法に違反したか、刑法の公然わいせつ罪で逮捕されます。

18歳未満だと知っていながら買春をすれば、児童買春、児童ポルノ禁止法に違反となり逮捕される場合がありますが、18歳未満の人が風俗店で働く事は、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)で禁止されていますので、ソープランドでは18歳未満のソープ嬢はまずいません。

ソープランドの経営者が18歳以上と偽って働かせるか、ソープ嬢が18歳以上だと偽って働けば、18歳未満のソープ嬢が誕生しますが、客はソープ嬢は18歳以上だと認識していると判断されるでしょうから、児童買春、児童ポルノ禁止法に違反となり逮捕される事はありません。

もし、裏ルートからソープ嬢が18歳未満だと知りながら遊んでしまう、または誰が見ても外見から18歳未満と分かるようなソープ嬢と遊んでしまうと、児童買春、児童ポルノ禁止法に違反となり逮捕される可能性が出てきます。

不特定多数の人が見られる状況で性交等のわいせつな行為を行うと、刑法の公然わいせつ罪で逮捕される場合がありますが、ソープランドでは個室の中でソープ嬢と客の2人っきりで性交等のわいせつな行為を行いますので、刑法の公然わいせつ罪で逮捕される事はありません。

例えば、ピンクサロンやハプニングバーでは、他の客、すなわち不特定多数の人が見られる状況でわいせつな行為を行いますので、刑法の公然わいせつ罪で逮捕される場合があります。


公開日: