風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

ソープランド摘発時、逮捕されなければ身内にバレないのか


客が逮捕される可能性は非常に低い

ソープランドは、法的にグレーゾーンですので、警察に摘発される可能性があります。警察に摘発されるとしたら、ソープランドの経営者や従業員は、売春の管理や売春が行われる場所を提供したとして、売春防止法違反で逮捕される場合があります。

また、証拠を抑えるために営業中に摘発が行われますので、客は警察の摘発に遭遇する可能性があります。多くの人がソープランドを利用した事を、身内、特に嫁がいる人は嫁に知られたくないと思われますが、警察の摘発に遭遇したら身内にバレないのか気になるところです。

警察の摘発時に逮捕されてしまった場合は、身内にバレないようにする事は不可能ではありませんが、バレると思っておいた方が良いです。しかし、ソープランドでは客が逮捕される事は、まずありません。客は買春したとして、売春防止法違反となりますが、買春した人には罰則規定がないからです。

ただし、ソープ嬢が18歳未満だったら、児童買春、児童ポルノ禁止法に違反となるため、逮捕される場合がありますが、風俗店では18歳未満は働けませんので、18歳未満のソープ嬢はまずいません。いたとしたら、ソープランドの経営者が18歳以上と偽って働かせているか、ソープ嬢が18歳以上と偽って働いている事になりますが、客が18歳未満と知る事ができる状況でなければ、児童買春、児童ポルノ禁止法違反で逮捕される事はありません。

事情聴取後、身元引受人として身内を呼ばれるとバレる

ソープランドの摘発時に客が逮捕されない場合でも、すぐに客は解放されません。客は参考人として事情聴取されます。警察は客に対して、個室で性交したかどうか等を聞きます。また、警察は客の身元を確認し、身元引受人に連絡し、身元引受人と一緒に帰ってもらいます。

身元引受人が身内だったら、身内にソープランドを利用していた事がバレますが、実際に風俗店の摘発に遭遇した幾人かの客の話によると、身元引受人に関するところは、ケースバイケースのようです。

店内で事情聴取された後、身元引受人を必要とせずに解放された人もいれば、警察署まで連行され身元引受人が来るまで帰れなかったが、身元引受人は身内ではなく友人でも可能だった人もいたようで、身元引受人を呼ぶかどうか、呼ぶとしたら身元引受人の条件については、警察の判断によって変わってくるようです。

また、弁護士の話によると、参考人として事情聴取されただけなら、本来は身元引受人は不要ですが、法に詳しくない人が警察相手に身元引受人は不要と主張し、身元引受人なしで帰れるようにしてもらうのは難しいところがあるようです。


公開日: