風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

なぜ外国人のソープ嬢は少ないのか


外国人が在籍しているソープランドは、非常に少ない

風俗では、日本人のみが在籍している風俗店が多いですが、外国人が在籍している風俗店もあります。特にヘルスやエステに当てはまる風俗店で、外国人が在籍しているのがよく見られます。

ソープランドに当てはまる風俗店では、外国人は非常に少なく、外国人が在籍しているソープランドは、なかなか見つかりません。ソープランドでは、外国人は働けないように見えますが、永住者、永住者の配偶者、日本人の配偶者、定住者、特別永住者、これらの在留資格を持って在留している外国人なら、ソープランドに限らず風俗で働けます。

そのため、外国人が在籍しているソープランドはありますし、外国人を募集しているソープランドもあります。しかし、外国人を募集せず、外国人が応募してきたら断るソープランドは多いです。

外国人を雇用するリスクが高い

ソープランドに外国人が応募してきても断って雇用しない理由は、外国人を雇用するリスクが高いからです。風俗店では、外国人を雇うなら、風俗で働くのに問題ない在留資格を持っているか確認する必要がありますが、在留資格を持っている事を証明する外国人登録証等は偽造されている可能性があります。

もし本来は風俗では働けない外国人を雇ってしまっていたら、不法就労となり警察に摘発される場合があります。不法就労であれば、不法就労した外国人はもちろんですが、不法就労させた風俗店側も処罰の対象になります。外国人雇用時に在留資格の確認をしなかった等の過失がなければ、風俗店側は処罰されません。

それなら、過失がないように外国人を雇えば済むと思われますが、風俗は不法就労の温床になりやすく、外国人が在籍している風俗店は、警察に目を付けられやすいです。

合法な風俗店であれば、警察に目を付けられても、あまり問題ありませんが、ソープランドは、合法か違法かはっきりしないグレーゾーンに位置しており、警察に目を付けられると問題になります。

ソープランドは、本来は売春防止法に違反しているため警察に摘発されてもおかしくありませんが、警察は事実上黙認しており、外国人の雇用に限らず、売春防止法以外の犯罪が行われていると疑われるような事をすると、警察に目を付けられ、売春防止法に違反したという理由で摘発される可能性が高まります。

不法就労が行われている疑いがあるなら、警察は不法就労の疑いのみを理由にして摘発すれば良いと思われますが、ソープランドを摘発して捜査を行うなら売春防止法に違反しているのは自然と分かりますので、売春防止法に違反した理由で摘発しなければ、黙認ではなく事実上公認してしまう事になります。

また、不法就労に限らず立証が難しい犯罪が行われている疑いがあった場合、売春防止法に違反しているのは間違いなく、警察は事実上黙認しているほどですので、まずは売春防止法違反で摘発すれば、他の犯罪についての捜査がしやすくなります。

過去に何度もソープランドが売春防止法違反で摘発された事があり、その度に今まで警察は事実上黙認していたのに、なぜ事件化するのかと疑問が持たれてきましたが、その後別の犯罪が行われていたのが見えてくる事がよくあり、警察の本当の狙いは、売春防止法違反ではないと言われています。

このように、ソープランドでは、警察に目を付けられるような真似はできず、外国人を雇うリスクは高いので、外国人は雇う事はあまりなく、外国人のソープ嬢は少ないです。


公開日: