風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

ソープランドは違法なのか


グレーゾーンに位置する

ソープランドは、本番行為がある唯一の風俗ですが、売春防止法により売春は違法となりますので、ソープランドは違法になるのではないかと気になるところです。

ソープランドは普通に営業していますので、合法のように見えますが合法ではありません。では違法かというと違法でもありません。つまり、合法か違法かはっきりしないグレーゾーンに位置しています。

グレーゾーンですので、ソープランドが警察に摘発されてもおかしくありません。なぜ摘発されずに営業を続けられるかというと、ソープランドではソープ嬢と客が個室の中で恋愛し、その上で性交しているので売春にはならないという建前があるからです。

もう少し詳しく見ていくと、まず客はソープランドの受付にて入浴料を支払います。その後、ソープ嬢と対面し、お風呂がある個室で入浴のお世話をしてもらいます。そこで、客とソープ嬢はお互いに好きになり、同意の上で性交します。

最後に客はソープ嬢に直接サービス料を支払いますが、入浴のお世話というサービスに対して支払うものです。つまり、ソープ嬢は、対価を得るために性交はしていないので、売春にはならないのです。

また、ソープランドに当てはまる風俗店の経営者やソープ嬢以外の従業員が、売春目的で個室を提供したら、売春防止法に違反となりますが、個室でソープ嬢と客が性交する事は知らず、入浴目的のために個室を提供しているため、違反にはなりません。そのため、受付では入浴料として客からお金をもらい、どのような性的サービスを提供しているのか公表していません。

これらは建前で成り立っており、売春が行われているのは明らかです。しかし、警察は売春が行われている事を本当は知っていますが知らないとしており、売春は事実上黙認されています。

警察に摘発される場合がある

警察は、ソープランドに当てはまる風俗店にて売春が行われている事を黙認せずに摘発する事もあり、過去に摘発された風俗店があります。摘発される風俗店と摘発されない風俗店、その差は何なのかは疑問ですが、摘発された本当の理由は警察にしか分からず、警察に聞いても摘発理由は売春防止法に違反したためとしか教えてくれません。

各メディアでは、摘発された風俗店では、売春とは別の犯罪が行われていたから警察に目を付けられた等、摘発の本当の理由が考察されてきましたが、推測の域を出ておらず、真相は分からないというのが実情です。


公開日: