風俗の選び方と遊び方

より楽しめるよう風俗に行く前に知っておきたい風俗の選び方、遊び方について記載しています。

風俗で遊ぶ人のための性病予防方法


性病の予防方法

風俗で遊ぶなら、性病に感染するリスクをなくす事はできませんが、抑える事はできます。以下は、性病に感染するリスクを抑えるのに効果的な性病予防方法です。

違法風俗店は利用しない

違法風俗店に対して、性病に関して高いモラルを期待するのは無理があります。違法風俗店では、定期的に性病検査をしている風俗嬢は少ないでしょうし、性病に感染していると分かっていながら稼ぐ事を優先し、客に性的サービスを提供する風俗嬢もいるでしょう。そのため、性病に感染するリスクを抑えたい場合は、違法風俗店は利用しない方が良いです。

ここで言う違法風俗店とは、明らかに違法だと分かる風俗店です。例えば、「当店は風俗店ではありません」と言いながら性的サービスを提供しているエステは、間違いなく風俗営業許可を取得していない違法風俗店です。性的サービスが手コキ程度であれば、性病に感染するリスクは低いですが、フェラチオや素股、さらに本番行為まであれば、性病に感染するリスクは高いです。

軽い性的サービスを提供する風俗店を利用する

性病は、お互いの粘膜(口や性器)が接触するプレイがあると、感染しやすくなります。つまり、濃厚な性的サービスを提供している風俗店を利用すると、性病に感染するリスクが高くなります。

もし軽い性的サービスで満足できるなら、手コキ等の軽い性的サービスを提供する風俗店を利用すれば、性病に感染するリスクをかなり抑えられます。例えば、オナニークラブやエステで手コキしてもらうだけなら、性病に感染するリスクはほとんどありません。

体調が悪い時は風俗を利用しない

性病の原因となる細菌やウイルスに接触したからと言って、必ず性病に感染する訳ではありません。人間には免疫力があり、性病に限らず病気の原因となる細菌やウイルスをやっつける力が備わっているからです。

しかし、風邪等で体調が悪い時は免疫力が低下するため、細菌やウイルスをやっつける力が弱まり、性病に感染しやすくなります。少しくらい体調が悪い程度であれば、風俗で遊べる元気はあるでしょうが、少しでも体調が悪い時は、性病に感染するリスクを抑えるために風俗を利用しない方が良いです。

疲れている時は風俗を利用しない

人間は、疲れがたまっている時も免疫力が低下します。疲れていると風邪等の病気に感染しやすくなる事と同様に、性病にも感染しやすくなります。

疲れを吹き飛ばすために風俗を利用するのもありですが、性病に感染するリスクを抑えたいなら、元気な時に風俗を利用する方が良いです。

どうしても疲れがたまっている時に風俗を利用したい場合は、エステがおすすめです。風俗嬢にマッサージしてもらえば癒されますし、手コキ等の軽い性的サービスで済ませれば、性病に感染するリスクはほとんどなく快感を味わえます。

コンドームを使う

コンドームを使う事は、最も効果的な性病予防方法です。素股等、性器同士が接触するプレイだけでなく、フェラチオ等、口と性器が接触するプレイでも性病に感染しますので、プレイ開始後に勃起したらすぐにコンドームを付けると良いです。

本番行為は、最も性病に感染しやすいプレイです。本番行為があるソープランドでは、コンドームなしでも本番行為ができる場合であっても、コンドームを使うようにすると良いです。

客側からコンドームを進んで使おうとすると、風俗嬢から性病持ちだと疑われるのではないか、または風俗嬢の事を性病持ちだと疑っていると思われるのではないか等、気になる事はあるでしょうが、たいていの風俗嬢は性病に関して学んでおり、性病に感染するリスクを抑えるためだと理解してくれます。

プレイが終わったら身体を洗う

もし性病の原因となる細菌やウイルスが身体に付着してしまったら、すぐに体内に侵入してきますので、洗えば済む話ではありませんが、洗わないよりは洗う方がマシです。そのため、プレイが終わったら身体をよく洗った方が良いです。性器はもちろんですが、口の中もゆすいでおくと良いです。

お風呂やシャワーがなかったり、洗う時間がない場合は、プレイ後にウェットティッシュで性器を拭く手がありますが、お風呂やシャワーで洗う事ですら気休め程度ですので、あまり予防効果はありません。


公開日:
最終更新日:2015/04/29